猫について

猫が「二本足で立つ」ときの気持ち

猫が二本足で立つときの気持ち・怖い・届かない・おねだり・楽だニャー|警戒心も好奇心も感じている場合に、二本足で立って確認することがよくあります。聴き慣れない音がした時に、鳴っている方へ向かって二本足で立ちます。これは高いところから原因を探ろうとしている仕草です。
猫について

猫が吐く理由

猫が吐く理由は病気のサイン?|愛猫・ペットケア|猫が突然吐いたら、飼い主としては「何か病気だろうか?」と心配になるはず。猫は病気でなくても、よく嘔吐をする動物なので、大抵の場合は心配ないでしょう。しかし、嘔吐の仕方によっては、深刻な病気のサインであることもあります。
ペットロス

ペットロスを乗り越えるためには

ペットロスを乗り越える|家族や恋人や親しい友人を亡くしたり、別れたりして失った時は、悲しみや悔いで落ち込むことがあります。ペットにも、同じ様な感情を持ってしまいます。私たちにとって何年間も共に暮らしたペットは家族。そのペットとの別れや死に、悲しんだり、苦しんだりするのは自然な反応。
猫について

突然猫の後ろ足が動かない

突然猫の後ろ足が動かない|ペットケア・愛猫|猫の心筋症で起こることも急に後ろ足に力が入らず、マヒしたような状態になってしまう。一見、マヒと言えば神経の病気(脊髄の損傷など)を思い浮かべますが、猫でこんな症状が見られたら、もしかしたら、「心筋症」という心臓が原因の病気かもしれません。
犬について

犬が怪我したところをなめちゃう

犬が怪我したところをなめてしまう|ペットケア・愛犬・犬のストレス|飼い主としてやめさせるべきか悩んだことがある方もいるのではないでしょうか。なめ続けてしまうと、皮膚炎などの病気になる可能性も! 怪我したところをなめ続けてしまわないように、エリザベスカラーや洋服の着用など対策が必要です。
犬について

犬の寿命はどのくらい?|犬が長生きするためには?

犬の寿命はどのくらい?|犬が長生きするためには?・ペットケア|犬の寿命はだいたい12~15歳。犬が高齢になったら、変化を見逃さないようにしてください。犬は、人に例えると、生まれて2年でだいたい24歳ぐらいになります。その後は1年に4〜7歳くらいずつ歳をとるといわれています。
犬について

突然パニックになった愛犬をしずめる方法

突然パニックになった愛犬をしずめる方法|ペットケア・愛犬・動物|愛犬が突然パニックになってしまった時の飼い主の取るべき行動は?逆効果なのにやりがちな行動は?犬の目線で快適に安心した生活を提供して、パニックを克服できる落ち着いた犬を目指しましょう
猫について

猫が飼い主の「顔色」をうかがっている態度

猫が飼い主の「顔色」をうかがっている態度|愛猫・ペットケア|猫は単独で生活をして、自由気ままでツンデレなので、飼い主さんの顔色を伺うようなことをするのは意外に思うかもしれません。しかし、猫は頭の良い生き物で、飼い主さんの様子をチェックするような行動をとるんです。
犬について

犬にシャンプーは必要?

犬にシャンプーは必要?|ペットケア・愛犬・動物|犬のシャンプーはトリミングサロンにお任せすれば大丈夫! と思う飼い主さんも多いのではないでしょうか。実は、お互いが健康で快適に暮らすために、自宅シャンプーはぜひやっていただきたいケアなのです。愛犬の自宅シャンプーのコツを解説します。
猫について

頑張れ猫のミントちゃん

頑張れ猫のミントちゃん・ペット・動物・猫|ペットケア、愛猫に対して「健康で長生きして欲しい」と思うものですよね。しかし、そのために重要になる体調不良のサインをいくつ知っているでしょうか?今回は「猫の体調不良サイン」をご紹介していきます。
タイトルとURLをコピーしました