農業もかんたんにDX・ホームページ制作・ネットショップ開始

農業もかんたんにDX・ホームページ制作・ネットショップ開始 DX

農林水産省は、農業・食関連産業関係者が農業DXを進める際の羅針盤として、また、取組全体を俯瞰する見取り図として活用するための「農業DX構想」を取りまとめて公表しました。

「農業DX」という言い方をすると非常にわかりにくく感じられますが、一言で言えば「農業のあらゆる分野のデジタル化」です。
農作業から販売、管理、さらに国への申請といった日本の農業にかかわるあらゆる要素をデジタル技術によって改善したいというわけです。

ただ、この言葉だけを言われても、具体的に生産者としてどんなことがデジタル化できるのかはイメージしにくいでしょう。
そこで今回は、農業における「DX」とはどんな内容を指すのか、具体的に農業者にどんな変化がもたらされるのかといったところを、すでに先行して進んでいる「スマート農業」の取り組み事例などを挙げながら、ご紹介してみたいと思います。

食料の安定供給と農業維持のために必要なデジタル化

食料の安定供給と農業維持のために必要なデジタル化

農業の本来の役割である食料の安定供給。そのためにいま日本の農業がとるべき道は、高齢化や労働力不足を補うための新技術の導入による省力化と言われています。
ただしもっと大切なのは、その取り組みの中で消費者に評価される価値を生み出すことであると、最近言われるようになってきました。

省力化ができても、農産物が売れて利益が生まれなければ、本当の意味での成果とは言えないということは、スマート農業実証プロジェクトの成果報告などでも聞かれます。
導入コストに対して収益率が低かったり、労力だけが削減されても売上アップに結びつかないといったジレンマは、多くの農業者が感じているところでしょう。

「農業DX構想」の中でも、「デジタル技術は、労働生産性(省力化など)と資本生産性(収益アップなど)の両方の向上のためにこそ活用されるべき」と明記されています。
現在実証が進められているスマート農業技術でも、両方の価値を生み出せるかどうかは、各地で進められている実証実験の成果をしっかり精査する必要があります。

「農業DX構想」では、ロボット、AI、IoT 等の技術の現場での実装を進めることによりデータを活用した生産効率の高い営農を実行しつつ、消費者の需要をデータで捉え、消費者が価値を実感できるような形で農産物や食品を提供していく農業「FaaS」(Farming as a Service)への変革が、目的として定められています。

農業におけるデジタル技術活用の現状と課題

農業におけるデジタル技術活用の現状と課題

農水省は「農業DX構想」の中で、農業分野におけるデジタル技術活用の現状を総括しています。
ここでは例として、SMART AGRIで過去に紹介した事例とともに説明します。

生産現場

生産の現場では、スマート農業の現場実証を全国148地区で推進しています。
その横展開や通信インフラの整備などの本格的な社会実装は、これから加速化していく段階です。

その中でもこれから当たり前になると言われているデータを活用した農業の実施については、全体の2割以下とまだまだ少ない状況です。
また、農地情報の管理のように、制度ごとに個別管理されているために関係者の負担が大きい分野や、データ活用による経営改善の取り組みなども今後必要とされています。

農村地域

デジタル技術により、これまで接点のなかった都市と地方をつなぐプラットフォームなどが続々と生まれています。
「農泊」のような地方での短期的な農業体験もあれば、「アグリワーキング」のような農業体験、繁忙期の農作業の担い手などもあります。
しかし、まだまだ限定的な状況です。

流通・消費

農産物物流の効率化・自動化に関しては、他業種で進められている共同輸送や混載、最適な輸送ルートの選択などに比べると、農業分野ではまだ限定的と言えます。

中でも、コロナ禍を受けてネット通販による消費者と農業者を直結したルートは大きく増えていますが、取引規模も金額も大き流通・小売業者との接点は少なく、川上から川下までの情報共有が今後は求められていくと思われます。

農業のネットショップ

農業のネットショップ

コロナ禍で飲食店や問屋に食材が卸せなくなってしまい、困っている農家や生産者のみなさま、たくさんいるんではないでしょうか?
今すぐどうにかしたいけど、どうしたらいいのかわからない。
そんなあなたへ、簡単にネットショップを始める方法をお教えしたいと思います!

BASEを使ってみる

BASEを使ってみる

ネットショップ、ECサイト、ショッピングサイト。
何から始めたら良いのかわからない方は、まずはBASEの構築からがおすすめです!

BASEは誰でも簡単にネットショップを始められるサービスです。しかも無料で構築ができるということで初期費用をかけたくない人におすすめです。
UIUX(サイトの使い勝手)が優れているので、はじめてでも簡単にネットショップが構築できます。
デメリットは、簡単といってもある程度のネットリテラシーがないとできないことです。

STORES(ストアーズ)を使ってみる

STORES(ストアーズ)を使ってみる

越境EC(海外向けネットショップ)も可能なSTORES(ストアーズ)で始めるのもおすすめです。
こちらもUIUX(サイトの使い勝手)が優れており、はじめてでも簡単にネットショップの構築が可能です。

BASE(ベース)と同じく無料からスタートでき、楽天Payなども使用可能。有料プランにするとAmazonPayや独自ドメインを利用できます。
こちらのデメリットも、簡単といってもある程度のネットリテラシーがないとできないことです。

WordPress(ワードプレス)で作る

ワードプレス

こちらは上記2つより少し難易度が高いかもしれませんが、ある程度のネットリテラシーがある人なら構築が可能です。
独自ドメインとレンタルサーバーを借りて、Wordpress(ワードプレス)をインストールし、ネットショップを構築します。

WordPress(ワードプレス)だけではネットショップを作ることができないので、レンタルカートを別途契約する必要がありますし、それをWordpressに組み込まないといけないため、ある程度できる方のみにおすすめする方法です。
ただ、Wordpress(ワードプレス)に関する本はたくさん出ていますし、検索するとたくさん方法が出てくるため、思ったよりも簡単に作れてしまうかもしれません。

農家の方へ

ネットショップを作るのはそんなに難しい事ではありませんが、慣れないシステムや管理画面に戸惑い、途中で作るのをあきらめてしまう人も。
また、作ったはいいけど、そこからどうしていいのかわからないという人もいると思います。

お問合せ

Tel:080-1814-8018

IMSソフトウェア
〒025-0064 岩手県花巻市桜台2丁目4-6

デジタル名刺

デジタル名刺


コメント

タイトルとURLをコピーしました