ホームページ制作・理解しておくと役立つプログラミング言語

理解しておくと役立つ・ホームページ制作・プログラミング言語 ホームページ制作

ホームページ作成の際には、専用の言語の知識が必要です。
基本となるHTML言語はもちろん、理解しておくと制作に役立つ言語がいくつかあります。

本記事では、押さえておきたい基本の言語や、上級者向けの言語などを紹介します。
また、難しい言語を理解しなくても簡単にホームページを作成できる方法も紹介するので、合わせてチェックしてみましょう。

ホームページ作成に必要なプログラミング言語3選

ホームページ作成に必要なプログラミング言語3選

ホームページ作成に必須となるプログラミング言語は3種類です。

まずは、HTML・CSS・JavaScriptの3つを覚えましょう。

3つの言語は基本的なプログラミング言語で、ホームページ作成ツールを使う場合にも、基礎知識としてあると便利です。

HTML

HTMLは、英語で「Hyper Text Markup Language」といいます。
ホームページ作成のための言語で、テキストをマークアップするためにあります。
マークアップとは、意味づけのことで、テキストに対しタイトル・見出しなどを区別するために使用するものです。

私たちが日々の生活でWebサイトを見る際に、改行もなく本文が続いた文章は読みにくいと感じるはずです。
そこで、HTMLのタグを使い、タイトル・大見出し・中見出し・小見出しなどを分けて読みやすくしています。
また、特定のページや段落に飛ぶ場合は、リンクという形でマークアップしています。
リンクは文字だけでなく画像にも貼ることが可能です。

HTMLによるマークアップは、タグと呼ばれるものを用います。
タグは「<>」で囲まれている言葉で、100種類以上あります。

さらにタグは始まりと終わりの2つセットで使うのが基本で、終わりには「/」を入れなければなりません。

CSS

CSSは、英語で「Cascading Style Sheets」といいます。
HTMLと組み合わせて使用するもので、CSSは装飾するための言語です。
たとえば、テキストに色を付ける、背景の色を変える、サイズやレイアウトを変えるなどの際にCSSを使います。

HTMLのタグでも装飾はできますが、単体だと完璧ではありません。
使用するブラウザにより表示が崩れることがあるため、CSSを組み合わせます。
CSSの言語は、セレクタ・プロパティ・値の3つで構成されています。

具体的には、「セレクタ {プロパティ:値}」のような記述です。
たとえば、タイトルの色を変えたいのであれば、「h1 {color:red}」です。
プロパティは複数指定が可能で、凝ったデザインにすることもできます。

JavaScript

JavaScriptは、ホームページに動きを付けるためのプログラミング言語です。
たとえば、画像をスライドショーにする、背景の色が変化する、間違ったパスワードを入力した際にエラーを出すなどの動きです。

私たちは、Webサイトを閲覧する際に多くのJavaScriptのお世話になっています。
わかりやすい例としては、入力フォームです。

お問い合わせページや、会員登録ページなどにあるフォームに必要情報を入力すると、入力内容に漏れがないか瞬時に判断できます。
JavaScriptの使い方は、HTMLに直接書く方法と、外部ファイルで作る方法があります。
大量のソースコードになる場合は、簡素化するためフレームワークと呼ばれるソフトウェアを使用することも可能です。

ホームページ作成におすすめのプログラミング言語4選

ホームページ作成におすすめのプログラミング言語4選

基本のホームページ作成プログラミング言語3つ以外にも、覚えておくと便利な言語があります。

まずは、難易度が低く基本的なHTMLとCSSを学んでください。
さらにHTMLとCSSより難易度が上がるJavaScriptを学びましょう。
これら3つの基本をマスターしたら、必要に応じて紹介する4つのプログラミング言語をマスターしましょう。

PHP

PHPは、英語で「Hypertext Preprocessor」といいます。
ホームページ作成のためのスクリプト言語です。

動的なホームページ作成にPHPを用います。
たとえば、SNS作成、ECサイトの作成、WordPressのカスタマイズに使用します。
とくにWordPressは世界シェアが高く、国内でも有名なECサイトの決済や予約システムなどに使用するもので、PHP習得はおすすめです。

動きを付けるといえばJavaScriptも同じですが、JavaScriptはブラウザで動作するのに対し、PHPはサーバー上で動作するものです。
PHPはHTMLとCSSを組み合わせて使います。
シンプルな構文で初心者でも覚えやすく、国内でも多くのエンジニアが使用しています。

Ruby

Rubyは、日本で開発されたスクリプト言語です。
日本語で学べるため、プログラミング言語の中でも日本人が学びやすい言語です。

動的なホームページ作成、アプリケーションソフトウェアの作成などに使用されています。
たとえば、ECサイトの定期購読販売、有名サービスのアプリ、会員サイトのログイン機能などに便利です。

人気が高いプログラミング言語はJavaで、続いてJavaScriptとPHPですが、Rubyは無料での複製や再配布できるメリットがあります。
口コミサイトの作成、アプリ開発も視野に入れるなら、Rubyの習得がおすすめです。

Java

Javaは、アプリ開発に使われるプログラミング言語です。
名前が似ているJavaScriptとは異なる言語のため間違えないようにしましょう。

Javaの特徴は、コンピュータの種類を問わない点です。
IOSとAndroid製品では規格が異なりますが、Javaならどちらも対応できます。
Javaが使用されるのは、家電製品・Webサイト・スマホアプリなど幅広い分野です。

また、世界的なシェアの高さとしても、Javaの習得はおすすめです。
入門書など書籍やWebコンテンツが多く、学ぶ環境が整っています。
これからエンジニアを目指すのであれば、Javaを習得しておいて損はないでしょう。

Perl

Perlは、スクリプト言語のひとつです。
Web開発の初期はよく使われていた言語なのですが、最近は使用頻度が減っています。
ただし、昔から使われてきたプログラミング言語のため、今でも使用するWebサイトはあります。

かつては、CGIといえばPerlといわれるほど人気がありました。
テキスト処理を得意としており、掲示板やメーリングリストなどに使われています。
記述がわかりやすいため、初心者にもおすすめの言語です。
あとから記述ミスをみつけやすく、複数の人と共同で開発する場合にも便利です。

とくにPerlがおすすめなのは、Web開発やサーバー管理に関わる人です。
コードの記述がスピーディで、短期間でのWeb開発に向いているでしょう。

ホームページ作成でなぜ言語が必要なのか?

ホームページ作成でなぜ言語が必要なのか?

基本的なことですが、なぜホームページ作成に言語が必要なのか理解しておきましょう。
そもそも、Webサイトが動く仕組みを理解していないとならないからです。

コンピュータが理解できるようにするため

ホームページ作成に必要なプログラミング言語は、コンピュータのためのものです。
Webサイトを表示させるには、サーバーから情報を取り出し、受け渡す必要があります。

サーバーから送られてくる情報はコンピュータが処理します。
つまり、プログラミング言語とは、コンピュータが理解するための言葉のことです。

ホームページ作成方法の種類

ホームページ作成方法の種類

ホームページ作成ソフトを使う

コードを書かずに簡単にホームページを作成するなら、ソフトの使用が便利です。
ただし、ソフトによって使用できるプログラミング言語が制限されている場合があるため、使いたい言語があるか確認してください。
シンプルに、HTMLやCSSで作成するなら、多くのソフトで対応できます。

ホームページ作成ソフトのメリットは、テンプレートが使える点です。
予めデザインされたテンプレートが入ったものなら、センスがなくても作成できます。
また、ソフトにはサーバーにファイルをアップロードする機能もあります。
使用手順に従って作成すれば、初心者でもホームページ作成が可能です。

ホームページ作成ソフトのデメリットは、導入コストがかかる点です。
無料で使えるソフトもありますが、テンプレートが豊富なソフトを選びたい場合は、有料ソフトの購入を検討してください。

CMSを使う

CMSとは、「Contents Management System」のことです。
コンテンツ作成管理のためのツールが提供されています。
Web制作の知識がない人でも手軽に導入しやすく、サイト構築が手軽にできます。

CMSの多くは、PHPを用いて作られています。
HTMLやCSSの知識がない人でも、テンプレートを選んで、文章を入力するだけでWebサイトの作成が可能です。
CMSの種類も多数あるため、好みのツールを選びましょう。

導入は初心者でも簡単ですが、カスタマイズするならPHPの知識が必要です。
デザインを変えるなどカスタマイズを考えているなら、PHPも合わせて習得してください。

おすすめするホームページ作成ツール

ヒーリングサロンfがおすすめするホームページ作成ツール

ホームページビルダー

ホームページビルダーは、ホームページ作成の有料ソフトです。
豊富なテンプレートが付いており、プログラミング言語の知識がない人でも手軽にホームページが作成できます。
文字や画像を挿入するだけで、HTMLとCSSコードは自動で書いてくれます。

テンプレートはシンプルなものが多く、個人におすすめです。
企業向けのデザインは少ない傾向があるため、個人ブログ運営にいいでしょう。

ソフトのため、買い切りで月額料金がかかりません。
サーバーやドメイン代は別途かかりますが、ソフトの月々の費用をかけず運営できます。
初心者に優しいソフトで、サポートを受けながらホームページを作成できるでしょう。

WordPress(ワードプレス)

WordPressは世界中で使用されているCMSです。
公式サイトの情報によると、Webサイトの42%が使用しているとのことです。

CMSの使用自体が無料で、お金をかけずにホームページ作成ができます。
テンプレートが豊富で、テンプレートは世界中の人が開発した無料または有料のものが使えます。
無料テンプレートを使えば、かかるのはサーバーとドメイン代くらいです。

また、プラグインが豊富で拡張性の高さが特徴です。
プラグインを使うと、ホームページをショップにすることもできます。

初心者は多少使いづらい点がありますが、慣れればカスタマイズが高く便利です。
HTMLとCSSを用いて作成するよりは、WordPressを使うと手間がありません。

WordPress(ワードプレス)

お問合せ

Tel:080-1814-8018

IMSソフトウェア
〒025-0064 岩手県花巻市桜台2丁目4-6

デジタル名刺

デジタル名刺

コメント

タイトルとURLをコピーしました