犬の気持ちがわかるツール

ペットの医療 犬について

愛犬のウェルビーイングは最新技術で向上する。

「ウェルビーイング」(well-being)とは、身体的・精神的・社会的に良好な状態にあることを意味する概念で、「幸福」と翻訳されることも多い言葉です。

世界保健機関(WHO)憲章の前文では、「健康とは、病気ではないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態(well-being)にあることをいいます

(日本WHO協会:訳)」とされています。

「ウェルビーイング」(well-being)とは、身体的・精神的・社会的に良好な状態にあることを意味する概念で、「幸福」と翻訳されることも多い言葉です。

犬は、それほどハイテクな存在ではありません。

電話など使わないよう求めてくるし、完璧に「いま」を生きています。

そうは言っても、人間の生活がテクノロジーの観点からますます進歩しているなか、犬とわたしたちの関係も進歩しています。

技術が進歩したことで、わたしたちの最高の友である犬は健康で長生きできるようになっているし、人間は犬たちのことをより深く理解できるようになっています。

医療技術の進歩のおかげで人間の医学が発展したのと同じように、獣医学も発展している。動物病院に行くことは、もはやワクチン接種や不妊手術のためだけではないのです。

ペットの医療も劇的に進化

医療技術の進歩のおかげで人間の医学が発展したのと同じように、獣医学も発展している。動物病院に行くことは、もはやワクチン接種や不妊手術のためだけではないのです。

こうしたなか医療技術の発展によってペットたちの寿命が延び、生活の質が向上している事例を、獣外科医のケリー・ジョンソンがいくつか紹介してくれました。

ジョンソンはニュージャージー州にある救急・外傷が専門の動物向け医療センター「NorthStar VETS」に勤めています。

ここの外科チームは、ペットに関節鏡手術や腹腔鏡手術を施しています。

整形外科では人工股関節全置換術のほか、前十字靭帯整復を手がけています。

放射線チームは、X線や超音波、CT、MRIスキャンによってペットを診断しています。

わずかな切り傷しか残さずに膀胱結石を取り出せる画像下治療チームもいるんです。

こうした技術のほとんどは、昔の獣医学専門家が活用できなかったものだ。

もし使えたとしても、大半の飼い主にはとてつもなく高額になっていたことだろう。

専門家たちはこうした新しい技術を活用して治療計画を作成したり、3Dプリントで骨をつくったり、外科的介入の計画に役立てたりしています。

命を救う獣医学のこうした進歩は侵襲的であるように見えるかもしれないが(一部は実際に侵襲的だ)、犬のストレス軽減にも貢献しています。

命を救う獣医学のこうした進歩は侵襲的であるように見えるかもしれないが(一部は実際に侵襲的だ)、犬のストレス軽減にも貢献しています。

NorthStar VETSの獣内科医メラニー・プショは、次のように語る。

「内科チームは現在、家にいるペットの血糖値を遠隔監視できるようになっています。

このため、わざわざ病院に来てもらって何度も採血する必要はありません。

ここでは持続的血糖モニタリングを採用しており、測定値はスマートフォンで確認できるうえ、臨床医に自動送信されるのです」

愛犬用のウェアラブルも続々

愛犬用のウェアラブルも続々

人間にとって、いまやアクティヴィティトラッカー(活動量計)は当たり前のものになっています。

これと同じことがペットの世界でも起きているのだと、獣外科医のジョンソンは言う。

「ペット用のウェアラブル機器も前途有望な業界です。

獣医や飼い主たちがこれを使えば、ペットの健康に関する測定値を追跡して慢性疾患を管理できるようになります。」

こうした犬用のアクティヴィティトラッカーは、FitBark、Whistle、Fiといった企業から発売されています。

犬の首輪に取り付けたり内蔵したりすることで、飼い主は犬の運動量に関する最新情報をモバイルアプリで確認できるようになるのです。

こうしたデータを長期的に見ることで、犬の運動量が減っていることに気づき、病気や痛みの徴候に気づく可能性もあります。

また、アクティヴィティトラッカーの関連アプリを使うことで、愛犬の活動レヴェルを体格や年齢、種類が同じほかの犬と比べることもできます。

アクティヴィティトラッカーの関連アプリを使うことで、愛犬の活動レヴェルを体格や年齢、種類が同じほかの犬と比べることもできます。

アクティヴィティトラッカーの最大のセールスポイントは、たいていの場合わずかな月額料金でGPSトラッキング機能が使える点です。

飼い主がアクティヴィティトラッカーを自宅のWi-Fiに接続しておくと、飼い犬がWi-Fiのエリアから出た際に、連携してあるスマートフォンにプッシュ通知が届く。

愛犬をペットシッターや散歩代行業者に預けた場合も、スマートフォンを設定しておけば、その情報が犬の正確な位置とともにアプリに表示される。

安心感が増すので、あらゆる人におすすめ。

当然ながら、GPSトラッカーは犬に付けるひもの代わりにはならない。

最新式のタグ付き首輪や、マイクロチップの埋め込みの代わりにもならない。

それでも犬が迷子になったときに居場所をすぐに突き止められるので、少しは安心できる。

残念なことに、すべてのウェアラブル機器が犬にとって好ましいわけではない。

ほとんどが犬の安全な生活や長生きに役立つものの、しつけ用の電気ショック首輪などの製品も広く使用されているのです。

犬に痛みや不快感を引き起こしてしつけることを目的としたこうした技術は、人道的でないという理由で欧州の多くの国では禁止されています。

しかし、米国ではいまだに使用されている。

犬と“コミュニケーション”できる機器も?

犬とコミュニケーション

ペット関連テクノロジーのほとんどは、人間が犬の状態をもっとよく知るために役立つものです。

一方で、「犬の気持ち」を知ることを目的とした技術もあります。

犬と時間を過ごす際に好きなことのひとつは、異なった種とのコミュニケーション方法を習得することです。

そしてテクノロジーのおかげで、これがかなり簡単になっています。

例えば、プロフェッショナル・ドッグトレーナー協会会長のカラ・シュエッツナーが推奨する「Mighty Paw Smart Bell」は、おしっこのために外に出たいときに知らせるよう犬をしつけたいと思っている人に最適なツール!

このベルは屋内にも屋外にも取り付けることができる。

しかも、付属の無線送信機を使えば、家のどこにいてもベルの音が聞こえるようになっています。

家の外に出たいときに犬が鳴らせるようドアに取り付けるベルのハイテク版。

もっと高度なコミュニケーションを求めている人には、「代替コミュニケーション(Alternative Communication)」と呼ばれる新しい犬のトレーニングを紹介。

これは言語聴覚士のクリスティーナ・ハンガーが飼い犬のステラと始めた一種のムーヴメントで、録音できる応答ボタンを使用します。

このボタンに犬が知っている言葉、例えば「夕食」「遊ぶ」「散歩」といった言葉をプログラムし、飼い主がそのボタンを押してから餌をやったり遊んだりします。

そのうちに犬はボタンと行動を関連づけるようになり、やがて犬自身がボタンを押して飼い主とコミュニケーションするようになるという。

少し辛抱強く続ければ、犬はわたしたちが理解できる方法で自分の希望や要求を伝えられるようになるのです。

少し辛抱強く続ければ、犬はわたしたちが理解できる方法で自分の希望や要求を伝えられるようになるのです。

ドックケアご感想紹介

神奈川県 Mさん女性

・犬(震え)

「前回病院で、心臓が少し弱くなっていると言われました。
最近気になるのが、寒さに敏感?で、震える事が多いです。
体温調整が上手くできなくなっているからか、原因はわかりませんが。
おかげさまでヘルニアは最近落ち着いてます。
ありがとうございます。
宜しくお願いします^_^

3日後、ご連絡がありました。

ブルブル震えもほとんどなく、凄い元気になりました🐶
ありがとうございます🙏」

大阪府 Mさん女性

・犬の認知症

「毎回お世話になります。
〇〇〇の方も凄く大人しく穏やかになったように思います。
私の気持ちも〇〇〇に対して穏やかになりました。
ありがとうございます。」

トップ
宮城県仙台市青葉区でペットケアを行う、ペットサロンfのサイトをご覧いただきありがとうございます。当サロンではオンライン・リモートで、皆様の大切な愛犬・愛猫・動物が抱えている悩みを改善へと導きます。ご自宅でペットの身体や心を整えたい方におすすめです。
オーラアップ|金運・恋愛運・仕事運・対人運・結婚運・ダイエット
オーラアップとは、オーラが輝き「特大オーラ」になることにより、エネルギー(波動)が高まり、恋愛運・金運・健康運・仕事運・対人運・結婚運等の運気が上昇していくセッションです。オーラアップは、人・モノ・場所のパワーアップが可能なヒーリンングセッションのことです。ダイエットも行います。
メンタルヒーリング
メンタルヒーリング|心が辛い状態の時に必要な要素は、癒しと睡眠です|トラウマ記憶は、本人も気づかないレベルの些細な刺激でも思い出されてしまいます。そして、思い出さないようにしようという「抑制意図」を持ってしまうと、ますます思い出されやすくなるという厄介な性質を持っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました