アパレル業界・DX推進のメリットや必要性・成功事例

アパレル業界のDX・推進のメリットや方法について・成功事例 DX

多くの業界でDX化が推進されている中、アパレル業界においてもDX化は進められておりさまざまな成功事例も紹介されています。
この記事を読んでいる方の中にも、アパレル業界でDX化を進めていきたいという方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、アパレル業界のDX推進のメリットや方法について解説します。

現在、アパレル業界ではDXの必要性が増しています。
ここでは、アパレル業界におけるDXの必要性について解説していきます。

そもそもDXとは

DXとは?デジタルトランスフォーメーション・IMSソフトウェア

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは、人々の生活を豊かにする目的でデジタルツールの導入や活用を進めることです。
ビジネスの場面では、デジタル技術を利用して組織や事業に変革をもたらすことを指します。

DX推進の必要性が高まっている

DX推進は、以下の理由から必要性が高まっています。

拡大するグローバル市場で勝ち抜くため

・レガシーシステムの撤廃
・2025年の崖への対応

最近はインターネットでの購買活動が主流となっているため、競合となるのは日本だけにとどまらずグローバル市場も相手となります。
グローバル市場は日本に比べて最新のテクノロジーを活用しているため、勝ち抜くためにはデジタル技術の積極的な導入が必要です。

また、企業で古くから運用しているレガシーシステムの残存により多くのコストが発生する「2025年の崖」を乗り切るためにも、DX推進の必要性が高まっています。

アパレル業界のDXの現状

アパレル業界のDXの現状

アパレル業界では、DXの導入がほかの業界に比べて大きく遅れを取っていると言われています。
遅れの原因としては、洋服のサイズに関する問題があります。洋服のサイズはS/M/Lなどで表現されることが多いですが、店舗によってサイズ感が異なっているのです。

したがって、ユーザーはオンラインで購入するよりも実店舗での購入を求めることが多いのです。
したがって、アパレル業界では積極的にDX推進をしていったとしても、ユーザーがIT化についてこないという問題があります。

アパレル業界がDXを推進するメリット

アパレル業界がDXを推進するメリット

アパレル業界がDX推進に取り組むことで、以下のメリットを得られます。

顧客満足度が向上する

DX推進によって顧客情報をデータベース化することで、顧客一人ひとりに合った提案につながり顧客満足度が向上します。
顧客に合わせた提案はレコメンド機能と呼ばれており、顧客の購入履歴などを元におすすめとなる商品を自動で選別します。

顧客の購入情報をAIへ与えることで、一度購入した顧客へ新たな衣服のレコメンドが可能となり商品の購入率アップにつながるでしょう。

新規顧客を獲得できる

DX化は顧客との新たな接点を生み出すため、新規顧客の獲得につながります。
DXによってオンライン上での接客サービスを導入すれば、今まで接点のなかった新たなファンを獲得できるチャンスが生まれます。

業務効率化を図れる

DXの導入により、業務プロセスが改善されて業務効率化を図れます。
多くの企業で人手不足が課題とされているため、少人数でも店舗運営をしていけるような環境づくりが重要です。

距離が離れたところでも会話のできるトランシーバーやインカムを導入し、従業員同士が連携しながら進めていくなど、環境を整えましょう。

アパレル業界のDX成功事例

アパレル業界のDX成功事例

DX推進が遅れているアパレル業界ですが、以下の企業では既にDX導入が成功しています。
それぞれの事例を紹介しましょう。

ZOZOTOWN

ZOZOTOWNは、2000年にオンラインショッピングを手掛けた企業です。
前述したとおり、アパレル業界はサイズなどの問題があるためオンラインよりもリアル店舗での利用が多くみられます。

しかし、ZOZOTOWNは送料無料や気軽な返品システムの構築により、若者を中心に利用が広がったのです。
さらに、DXの導入によってケアラベルの自動化や検寸データの連携を実現しました。

ユニクロ

ユニクロでは早期からDXに注目をし、製造小売業から情報製造小売業へと成長を遂げました。ユニクロは、DX化による変革を実施するまで洋服のデザイン設計から生地の調達・縫製をして店頭に商品を並べる製造小売でした。
しかし、情報を活用する他企業と比べるとどうしても差が生まれてしまいます。

そこで、製造小売に対して新たに情報を組み込むようにしたのです。
その結果、消費者のニーズに沿ったデザイン設計が可能となり、その他業務の効率化も相まっていち早く最新の服を届けられるようになりました。

I.T.’S. International

I.T.’S. international(イッツインターナショナル)は、UHF帯RFID(電子タグ)を日本のアパレル業界で初めて導入に成功しました。

電子タグとは、ワイヤレス通信によって情報の読み取りや書換を実施するシステムです。
I.T.’S. internationalでは、電子タグの活用によって入荷情報入力の簡略化や会計処理の効率化を実現しました。

Nike

スポーツ用品を取り扱うNikeでは、購買データを活用したNIKE Live(ナイキライブ)と呼ばれるコンセプトストアの展開によってDXを推進しています。
NIKE Liveは、店舗の周辺の顧客ニーズを品揃えに反映させる店舗です。

仕組みとしては、Nikeの会員が購入をしたときにデータを蓄積し、各店舗へデータを共有しています。顧客データを活用することで、移り変わりの激しいファッショントレンドの検知や顧客ニーズの把握が可能となって顧客満足度の向上につながります。

アパレル業界でDXを実現するためのポイント

アパレル業界でDXを実現するためのポイント

アパレル業界でDXを実現するためには、以下のポイントが大切です。

販売チャネルを多様化する

複数の販売チャネルを持つことで、顧客との接点が増えてDX導入による恩恵を受けられます。
特に、ライブコマースによって販売経路を拡張していく取り組みが大切です。

ライブコマースとは、ライブ配信の動画を利用してユーザーの購買欲を促進させる販売形式です。
企業側は、リアルタイムで販売対象となる商品やサービスを紹介し、ユーザー側はコメントで質問等をしていきます。

リアルタイムで相手の反応を伺えるため、より顧客との距離を近づけながらアプローチができます。

セキュリティを強化する

アパレル業界では会員証などの個人情報を扱う機会が多くなるため、情報流出を防ぐためのセキュリティ強化が必須です。
特に、オンラインショッピングの仕組みは強固なシステムにしなければなりません。

オンラインショッピングではクレジット決済での利用が多くなっているため、情報漏洩によって大きな影響を受けてしまいます。
したがって、ITシステムによる便利な面だけを見るのではなく、システムとしての強固さも追い求めていきましょう。

新システムを導入する

DX推進では、古くから運用しているレガシーシステムが足枷となってしまうケースが多いです。
したがって、積極的に新システムの導入を進める必要があります。しかし、新たなシステムの導入には、初期費用や継続的な費用がどうしてもかかってしまいます。

クラウド型のサービスであればサーバーなどのハードウェアが不要で環境設定も全て提供企業に任せられるため、初期費用を大きく抑えられるのです。

まとめ

まとめ

アパレル業界のDXは必要性が高まっているため、積極的に推進していきたいところです。
しかし、アパレル業界は他の業界と比較してDXの導入が遅れています。そこで、ツールなどを活用したスピーディーな導入が効果的です。

UMWELTは、導入時から運用後のサポートまで充実しており、初めての導入でも安心してご利用できます。
これからDX化を推進していきたいと考えている方は、「UMWELT」の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

参照文献

ZOZOが「買わない客」を熱望するワケ アパレルの苦境救う3戦略|日経クロストレンド(2021)

ユニクロ・柳井会長に見る デジタル変革は経営者の使命|事業構想(2019)

「I.T.’S. International」にUHF帯RFIDを日本初導入|日鉄物産(2010)

お問合せ

Tel:080-1814-8018

IMSソフトウェア
〒025-0064 岩手県花巻市桜台2丁目4-6

DX商談・デジタル名刺

デジタル名刺・藤根正美

個人も所有できる・格安・高機能ホームページ

パソコンをお持ちでない方でも運営できます。
皆様のお仕事や店舗を紹介するポータルサービスサイトとして、ネットショップ機能付きWebサイトを制作します。
あなたのお仕事の専用ページに・・・たっぷり情報掲載!
本業・副業用ホームページとして使用することができます。
お仕事、店舗の基本情報はもちろん、写真、動画、SNSリンク、フォーム、イベント情報など、3万円(1ページ・初期費用無料・サーバー、ドメイン料無料・更新料込み)で掲載できます。
情報は豊富!
既にホームページをお持ちの企業や店舗様もサブサイトとしてご利用ください。
あなたのお仕事の魅力をアピールできます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました