IMSソフトウェア・ホームページ制作・WordPressの短所解決

WordPressホームページ制作の短所・IMSソフトウェアが解決 ホームページ制作

IMSソフトウェアのホームページ制作サービスは、WordPressのデメリット(短所)を解決し制作しています。

無料で使えること、機能性と自由度の高さから、圧倒的な人気を誇るホームページ作成ソフト「WordPress(ワードプレス)」。
使いこなすことができればとても魅力的なツールなので、利用者が多いのも納得です。

しかしながらホームページの初心者が利用するには、ちょっとハードルが高いのが玉にきず。
また初心者でなくても、用途や目的によってはうまく使いこなせないことも。
そんなWordPressの利用をお考えの方に、ワードプレス短所についてご紹介いたします。

WordPressとは?

WordPressとは?

WordPress(ワードプレス)は、世界で圧倒的なシェアを獲得している無料で使えるブログソフト(CMS)。

WordPress自体にブログとしての機能やページを更新するための仕組みが組み込まれているため、サイトを作成・更新が今までのツールよりも簡単にできます。
さらにHTMLやCSSの知識があれば、簡単に多機能なホームページを作成することができるため、個人ブログから企業のコーポレートサイトまで幅広く利用されています。

WordPressの長所と短所は裏返し

まず最初に、長所と短所を簡単に説明します。
WordPressは元々、制作会社のデザイナーが使う「プロ」むけのツール。
プロの要望に応えた拡張性と自由度があることが長所の一つ目。

さらにはオープンソースとして無料提供されていることも、大きな長所。
反面、自由度が高いということは、それだけ必要な作業が増えるということ。
また無料であるため、基本的には各種設定作業を自分ですべてやる必要があります。
つまりお金というコストはかからないものの、ワードプレスの各種設定作業の「学習時間」と、設定そのものの「作業時間」の二点で、「時間」というコストがかかってきます。

WordPressデメリット

WordPressデメリット

個人で作るには専門知識が必須

WordPress(ワードプレス)で企業用のホームページをある程度の品質で作るには、HTML・CSSだけでなく、PHPの最低限の知識が必要になることが多いです。
例えば、コンテンツのレイアウト(配置)も、画像、テキスト、画像、テキストといった単純なレイアウトであれば、簡単に作成できるのですが、2つの画像を横並びにするなどのレイアウトを変更したい時は、HTML・CSSの知識が必要になります。
このような知識を持たずにWordPressでホームページを作成すると、いわゆる個人ブログのような作りになってしまうことも。

プログラミングの知識がまったくなく、「こうしたい」というイメージがある場合、ハードルの高いツールになることもあります。
さらに、設定画面で間違った状態で更新してしまうと、最悪ホームページが表示されなくなるといったことも起こるので、WordPressはある程度の知識がある人向けと言えます。

集客力のあるデザインのHPを作るにはスキルが必要

WordPressのデザインテーマは無料、有料を含めてたくさんあるため、全体の色やレイアウトをオシャレにするのは比較的簡単です。
ただし、ビジネスのサイトとして「集客力あるデザイン」を作ろうとすると、一定のスキルが必要になってきます。
サービス説明や料金ページ、サービスの流れや事例紹介、お客さまの声やスタッフ紹介等、ホームページには色々なコンテンツがあります。

それらのコンテンツをトップページで分かりやすく紹介し、さらに各ページへとスムーズに誘導するのが重要です。
これにより御社サービスの魅力を伝え、ホームページを訪れたお客さまから問合せを獲得するというのが「集客ホームページ」の基本戦略になります。
でもそのためには、トップページでそうしたコンテンツを分かりやすく魅力的に見せるデザインセンスが必要です。
特にトップページが「素人っぽい」と集客を実現するのは至難の業。こうした理由でWordpressを使って集客力のあるデザインを作るのは、一定のスキルとデザインセンスが求められるのです。

SEOの対策は自分自身で行う必要がある

WordPressには基本的なSEOの対策をするための機能はありますが、細かい設定ができません。
細かい設定を行うためには、プラグインを導入する必要があります。
プラグインを使用することで、SEO対策に必要な細かな設定ができるようになるのですが、細かな設定を自分で行う必要があります。

SEO設定は、ホームページの戦略に連動します。どのように設計したらビジネスに連動できるのか、設計した内容をSEO設定するにはどうしたらよいのかを自分で行うのですが、わからないことも多く、難しい部分もございます。
どのようなキーワードを設定して、どのようなお客さまを集めたいのかを自分で決めなければいけません。

サーバー・ドメインを自分で用意する必要がある

サーバー・ドメインを自分で用意する必要がある

WordPress(ワードプレス)でホームページを作成するには、サーバーの契約が必要です。
サーバーにはさまざまな種類がありますが、なんでも良いわけではありません。安いからといって契約すると、失敗してしまいます。

WordPress(ワードプレス)を使用するにはPHPとデータベース(MySQL)が使えるサーバーである必要があります。サーバーのスペックを自身でチェックし、WordPressが使えるものを選ばなくてはいけません。
サーバーの準備さえできてしまえば、サーバーのよってはワンクリックでWordPressを簡単にインストールできる機能も用意されていますので導入は簡単です。
サーバーを契約しただけでは、共有ドメインといって、サーバーの運営会社が用意したドメインでの公開となってしまいますので、独自ドメインを自分で用意する必要があります。

このサーバーと独自ドメインは取得するだけでなく、独自ドメインにアクセスした時に、サーバーに用意したWordPressが表示されるように設定をしなければいけません。
ですので、初心者の方がWordPressを利用する場合は、サーバへのインストールがワンクリックでできるか、独自ドメインの設定が簡単にできるかを必ずチェックされてください。

更新できる箇所はほんの一部になることも

WordPress(ワードプレス)でホームページを作る場合は、最初の導入・構築だけ制作会社に頼む会社さまも多いです。
今まで述べてきたような「導入するハードル」が思ったよりも高いため、最初の導入だけは「プロ」に任せる、ということも一つの選択肢です。

やはりホームページにかかりっきりになれる会社さまや社長さまも少ないので、一番大変なところを任せるというのは決して間違った選択ではありません。
ただし制作会社につくってもらうと、専門知識・技術で作られる部分がほとんどになる場合も多いので、納品された時に更新ができるのはサイトの一部のブログ部分だけなんてこともあります。

WordPressは自分で更新できるというのがよいところですし、ホームページはできるだけ更新したほうがよいので、ブログ部分だけの更新で自分たちが「やりたいこと」が出来るかどうかを必ず検討されてください。
また、制作会社にWordPressでホームページ作成を依頼する際は、更新できない範囲がないように作成をお願いしましょう。

不正アクセスを防ぐためのセキュリティ対策が必要

全世界のホームページの4分の1、CMSで見ると半数以上がWordPress(ワードプレス)で作られています。
そんな、全世界で使われているシステムなので、WordPress(ワードプレス)でホームページを作成するとハッカーの標的になりやすいホームページになってしまいます。

ハッカーからの攻撃を防ぐためにセキュリティ対策が必要になります。
セキュリティ対策自体は、WordPress(ワードプレス)プラグインの使用や契約しているサーバー側での設定で行えますが、ハッカーからの攻撃を本気で防ごうとおもったら高度な設定が必要であり、専門的な知識が必要になるので初心者の方には困難な設定です。
ハッカーに攻撃を受けると「ホームページの中身を消される」「管理画面で保管している顧客データを盗まれる」といった被害が想定されますので絶対に対策が必要です。

使い方がわからない時に電話でサポートをしてもらえない

WordPress(ワードプレス)のサポートはメールのみで、電話は用意されていません。
利用者が質問できるフォーラムなどが用意されているものの、わからないことは、全て自分で調べることが前提。

WordPress(ワードプレス)を使っていて不具合が起きた時に、電話ですぐに解決できないのが難点です。
プログラミングに自信がない方や、ホームページ初心者の方には場合によっては難しいツールです。
WordPressの管理画面の使い方がわからない場合も、自分で解決方法を調べなければいけません。

システムのバージョンアップをしなければいけない

システムのバージョンアップをしなければいけない

WordPress(ワードプレス)のシステムとプラグインは日々開発が進められており、頻繁にバージョンアップをしています。
更新方法自体は、管理画面に「更新してください」と出てくるのでクリックするだけで簡単です。

しかし、WordPress(ワードプレス)はシステムとプラグインで互換性があり、システムだけバージョンアップをするとプラグインが動かなくなることもあります。反対にプラグインだけをバージョンアップしても、システムとの互換性次第で、動かなくなる場合もあります。
システムがバージョンアップすると、プラグインを開発した方が新しいシステムのバージョンに合わせて、プログラムを微調整するのですが、開発が止まってしまうものもあり、バージョンアップできないプラグインもでてきます。

システムだけバージョンアップすると、古くなっていくプラグインは動かなくなることも。
だからといってシステムのバージョンアップをしないままでいると、古いバージョンはハッカーの標的になりますのでバージョンアップはしないといけません。

お問合せ

Tel:080-1814-8018

IMSソフトウェア
〒025-0064 岩手県花巻市桜台2丁目4-6

DX商談・デジタル名刺

デジタル名刺・藤根正美

格安・高機能ネットショップサイト制作

IMSソフトウェアでは、皆様のお仕事や店舗を紹介するポータルサービスサイトとして、ネットショップ機能付きWebサイトを制作します。
あなたのお仕事の専用ページに・・・たっぷり情報掲載!
本業・副業用ホームページとして使用することができます。
お仕事、店舗の基本情報はもちろん、写真、動画、SNSリンク、フォーム、イベント情報など、3万円(1ページ・初期費用無料・サーバー、ドメイン料無料・更新料込み)で掲載できます。
情報は豊富!
既にホームページをお持ちの企業や店舗様もサブサイトとしてご利用ください。
あなたのお仕事の魅力をアピールできます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました