受注増加・ホームページ制作・予約システムを構築します

受注増加・ホームページ制作・予約システムを構築します ホームページ制作

予約フォームを作るなら、WordPressを使用してみてはいかがでしょうか?
基本的な設定からカスタマイズ方法まで、情報を調べやすいことに加え、予約フォームのプラグインが豊富なのも魅力です。

350以上の業種に対応

350以上の業種に対応

あなたの業種にぴったりのタイプが見つかります。

1.施設・会場

撮影スタジオ、セミナー会場、コンサート会場、貸し会議室、レンタルスペース、映画・上映会場

2.サロン

ヘアサロン、ネイルサロン、エステサロン、ホワイトニング

3.宿泊施設

ビジネスホテル、旅館、ペンション、民泊、町屋、民宿、保養所、ホステル、ゲストハウス、貸し別荘

4.イベント

講演会、セミナー、講習会、会社説明会、映画祭、握手会・撮影会、婚活パーティー

5.スクール・教室

ヨガ教室、語学教室、料理教室、音楽教室、資格取得講座、ダンススクール、子育て教室

6.マッサージ・治療院

マッサージ、リラクゼーションサロン、メディカルスパ、アロマサロン、ヒーリングサロン、整体、鍼灸院、治療院、アーユルヴェーダ、接骨院、整体院

7.健康診断・検診

企業の健康診断、健康保険組合の健康診断、人間ドック、予防接種、がん検診、PET検診、婦人科検診、抗体検査、特定保健指導、コロナワクチン接種

予約システムを作るメリット

予約システムを作るメリット

インターネットで予約受け付けができるシステムには、どのようなメリットがあるのでしょうか?

状況把握がしやすい

予約システムを導入すると、全ての予約を「一括で把握」できます。
予約システムを通した予約はもちろん、電話・メール・来店など、どの方法で予約をしても一覧で確認できるのです。
この予約状況は、システムを利用するユーザーも確認できます。
リアルタイムで反映されるカレンダーを確認した上で、予約の日にち決められるのです。

機会損失を避けられる

「24時間365日」いつでも利用できる予約システムでは、ユーザーが手続きしやすい時間に予約ができます。
そのため、予約をしたいけれど営業時間内は仕事中で電話ができない、といった事情による機会損失を避けられるのです。
インターネットに接続できれば予約受け付けができるため、担当者が不在で電話が取れず予約を逃してしまった、というようなことも起こりません。

データの分析や活用ができる

ユーザーの名前や電話番号といった基本的な情報はもちろん、利用した日時や金額など、『詳細なデータを蓄積』できるのも、予約システムのメリットです。
蓄積したデータを使えば、人気メニューや好まれる価格帯・曜日ごとの利用者層の違いなどを、比較的簡単に分析できます。
特に、メールアドレスは、先々の戦略にも役立つ情報です。
例えば、お得なクーポンや特典付きのメールを配信したり、メルマガを配信したりすることで、ユーザーの予約促進に役立てられます。
1度きりの利用で終わりにするのではなく、リピーターになってもらえるよう、積極的な働きかけができるのです。

WordPress(ワードプレス)の予約システムで可能なこと

WordPressの予約システムで可能なこと

オープンソースのブログソフトであるWordPressでは、プラグインと呼ばれるカスタムツールを利用することで、予約システムを作成可能です。
WordPressの予約システムで使用できる機能を紹介します。

日や時間単位での予約

代表的な予約方法に、日単位と時間単位での予約があります。
美容室やレストランの予約であれば時間単位が、ホテルや旅館の予約であれば日単位が一般的です。
WordPressで予約システムを作成すると、どちらの予約方法も使用できます。
ただし、プラグインによって設定できる単位が違う場合があることに注意が必要です。

日単位と時間単位を選択式で選べるものもありますが、どちらか一方にしか対応していないものもあります。
作成する予約システムに合わせて、プラグインを選びましょう。
また、サイトに表示されるカレンダーには、〇や×で予約状況を示すこともできます。
よく見かける予約システムを作成できるため、ユーザー安心して使用しやすいのです。

イベントごとの予約や連携

イベントに特化した予約システムを構築できるプラグインもあります。
定期的に実施しているイベントや、長期的に開催されるイベントにも対応しているプラグインです。

また、GoogleマップやGoogleカレンダーなど、外部システムと連携できる点が特徴といえます。
イベント会場の場所をマップで表示できるため、初めてイベント会場に行くユーザーにも分かりやすく案内できるのです。
プラグインの中には、決済機能を備えているものもあります。

事前に精算できるため、会場で会計をする手間が省ける点は、双方にとって便利なポイントです。
また、予約と同時に支払いが完結するシステムのため、ドタキャンの予防にもつながります。

WordPress(ワードプレス)で予約システムを作るメリットと注意点

ヒーリングサロンf・ホームページ制作

WordPressを使った予約システムの作成方法には、メリットと同時に注意点もあります。
両方をチェックした上で、導入を検討しましょう。

利用や情報収集のしやすさ

プラグインを使用するだけで予約システムを設置できるWordPressは、手軽に利用したいという需要にぴったりです。
これを自社で開発から始めると、時間も費用もかかります。
しかし、WordPressなら、ごく短期間に無料や格安で利用し始められるのです。
WordPressは利用者が多く、さまざまなサイトで使い方が解説されているため、万が一トラブルが起こったときにも対処しやすいでしょう。

詳細なユーザー情報を自然に収集できるのもメリットといえます。
店舗でアンケート実施しても、なかなか記入してもらえないメールアドレスも、受け付けメールの送信先として必須項目にすることで、自然と記入してもらえます。

ヒューマンエラーに注意

予約システム以外にも、電話やメールで予約を受け付ける場合、ヒューマンエラーによる操作ミスに注意しましょう。
電話やメールで受け付けた予約は、手動でシステムに入力します。
この作業を忘れたり、入力するときに日時を間違えたりすると、ダブルブッキングなどのトラブルが起こる可能性があるのです。
ヒューマンエラーの対策は現場で実施します。電話予約を受け付けたときの処理手順をマニュアル化することや、ダブルチェックの体制を取ることで、エラーを予防しましょう。

WordPressで予約システムを作る方法・手順

WordPressで予約システムを作る方法・手順

WordPressを使用した予約システム作りの手順を紹介します。
システムを開発するのと比較して、シンプルな工程で予約システムを構築できる方法です。

準備と設定

まず行うのは、WordPressとプラグインの設定です。
予約システムを設置するWordPressを用意したら、そこへプラグインをインストールします。
WordPressのダッシュボードからインストールするには、プラグインから『新規追加』を選び任意のプラグインを選びます。
アップロードする場合には、プラグインの新規追加から、アップロードメニューをクリックしましょう。

プラグインを有効化して下準備の終了です。
その後、企業名・住所・電話番号など必要な情報や、予約フォームの項目などを入力し、予約受け付けを有効にすると、WordPressにカレンダーが表示されます。

フォームやメニュー作成

次に、予約フォームやメニューを作成します。
ユーザーがWordPress上のカレンダーで予約したい日付をクリックした後、表示される画面です。予約カレンダー・予約フォーム・完了画面の3種類を作成します。
予約カレンダーはカレンダーを表示するためのショートコードを埋め込むページです。
新しく作ってもよいですし、WordPressで公式サイトを作っているなら、既にあるページに埋め込むことも可能です。

予約フォームと完了画面は、ブランクの固定ページを作ります。このままでは、作成した全てのページにメニューからアクセス可能です。
そこで、メニューバーを編集し、予約カレンダーの表示されるページのみにすれば完了です。

動作確認と管理

完成した予約システムは、きちんと動作するか確認しましょう。
予約カレンダーから申し込み、受け付けメールが届いたら、正しく設置されています。
作成した予約システムは、管理することで、使いこなせるようになるものです。

予約確認済みのチェックを利用して抜け漏れを防ぐことや、電話やメール予約の内容を一覧へ入力すること、キャンセルが入った場合には削除することを徹底します。
日頃の管理が行き届いていると、ユーザーに誤った予約状況をアナウンスすることがありません。
徹底した管理が、ミスの予防につながるのです。

予約フォームのおすすめプラグイン

Booking Package

予約フォームのプラグインはたくさんあります。中でもおすすめの3種類を紹介するため、
プラグイン選びの参考にしましょう。

Booking Package

カレンダーで簡単に予約状況を把握したいなら、「Booking Package」が向いています。
Googleカレンダー・iCal・iCalendarと同期できるプラグインです。
Googleカレンダーからは、予約もできます。

日単位にも時間単位にも対応しているため、さまざまな業態で導入できるタイプです。
加えて、時間単位の予約は1分間隔で設定できるため、フレキシブルに利用できます。

設定が簡単にできるのもポイントです。
直感的に操作できる画面のため、WordPressに慣れていない場合でも、比較的簡単に利用できます。
また、日本語に対応しているため、導入しやすさは抜群です。

MTS Simple Booking

「MTS Simple Booking」は、予約設定を細かく設定できるのが特徴です。
例えば、予約を受け付ける条件を、会場の収容人数で管理することも、予約件数で管理することも設定できます。

予約の最少人数や最大人数も設定できるため、人数制限がある場合にも便利です。
また、時間単位で受け付ける予約フォームも作成可能なので、セミナーや習い事などで使い勝手がよいでしょう。

Events Manager

イベント向けの予約フォーム作りがしたいなら「Events Manager」が使いやすいでしょう。
イベント予約専用のプラグインのため、単発イベントはもちろん、長期的・定期的なイベントにも対応しています。
Googleマップとの連携ができるため、会場を分かりやすく示せるのもメリットです。

複数の料金の違うイベント予約を受け付けることや、定員を設けることもできます。
例えば、複数の受講料が違うセミナーを運営している場合、利用しやすいプラグインです。
ユーザーの情報を確認するときに、WordPressの管理画面からチェックできる点も、使いやすさにつながっています。

まとめ

予約フォーム作りはWordPressで行うと、短期間で比較的簡単にできます。
開発の手間と費用をかけずに使用できるため、手軽に導入したい場合に向いている方法です。

導入する場合には、用意したWordPressに予約システムの機能をプラスするためのプラグインをインストールします。
プラグインによって、使用できる予約方法が違うため、自社の業態に合うものを選ぶことが大切です。

次に、予約カレンダーを表示させるページや、予約フォームのページ・完了画面などを作成します。
実際に予約カレンダーから予約を入れ、確認メールが届くことを確認しましょう。

お問合せ

Tel:080-1814-8018

IMSソフトウェア
〒025-0064 岩手県花巻市桜台2丁目4-6

DX商談・デジタル名刺

デジタル名刺・藤根正美

格安・高機能ネットショップサイト

IMSソフトウェアでは、皆様のお仕事や店舗を紹介するポータルサービスサイトとして、ネットショップ機能付きWebサイトを制作します。
あなたのお仕事の専用ページに・・・たっぷり情報掲載!
本業・副業用ホームページとして使用することができます。
お仕事、店舗の基本情報はもちろん、写真、動画、SNSリンク、フォーム、イベント情報など、3万円(1ページ・初期費用無料・サーバー、ドメイン料無料・更新料込み)で掲載できます。
情報は豊富!
既にホームページをお持ちの企業や店舗様もサブサイトとしてご利用ください。
あなたのお仕事の魅力をアピールできます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました