ペットの精神的ケア

ペットの心のケア 精神的ケア

全国で9名しかいない、獣医行動診療科認定医で、「動物の精神科医」として知られている、奥田順之獣医師が院長を務める、ぎふ動物行動クリニックにて、2019年12月1日より、日本初となる犬猫のストレス診療科をスタート。

嘔吐・下痢・痒み・常同行動など、ストレスを原因とする体調不良・異常行動は、一般の身体に対する治療だけでは必ずしも治癒しません。

異常行動の中には、繰り返し自傷行為を行ってしまう動物もおり、安楽殺に陥る例もあります。

一般の獣医療では、精神的ストレスに対する治療は十分に行われてこなかったよです。

犬のストレス

ストレス診療科の取り組みによって、ストレス関連疾患を患う犬猫と、その飼い主を救い、人と犬猫がより良い共生ができる社会を築いていくことが大切です。

ストレスは心身の健康を損なう

人間でもストレスが心身の健康に影響を及ぼし、心身症を発症したり、うつ病などの精神疾患を発症することがるように、犬猫でも、ストレスが引き金となって、身体の健康を損なったり、異常行動を発生させたりします。
 

慢性的な下痢・嘔吐・痒みなどはストレスによって起こりやすく、体の検査を行っても異常が見つからない、体の治療を行っても治癒しないということがしばしばあります。

こうした場合、心理的ストレスの影響が考えられます。
 

犬猫のストレスの多くは、飼い主が不適切な飼育を行ってしまうことによって発生します。

上下動が必要な猫を狭いケージで飼う、散歩が必要な犬を散歩させない、しつけをせずに体罰を行うなど、不適切な関係・環境がストレスの主な原因です。

持続的なストレスは、身体の異常ばかりでなく、行動の異常を発生させることがあります。

家族に対しても咬む、不安から小さな物音にも過剰に反応する、何もないのに吠え続けるといった行動だけでなく、尻尾を咬みちぎる・身体をなめ続けるといった自分自身の身体を傷つける自傷行為に発展することもあります。

ストレス診療科で行うこと:ストレスを原因とする心身症の緩和

ストレス診療科では、ストレスが原因となっていると疑われる、症状の緩和を目的として、ストレスの緩和のための診察・治療。
 

具体的には、犬猫と飼い主の生活習慣・生活環境・関わり方・問題となっている状況などを、ヒアリングし、ストレスとなっている問題の原因を追究。

持続的なストレスが疑われる場合、どのようにストレスケアをしていくかについて、飼い主と話し合い検討。
 

持続的なストレスは、身体の異常ばかりでなく、行動の異常を発生させることがあります。

※ストレスケアの方法としては、主に、環境修正、行動修正、薬物療法の3種類の療法を実施。

1,環境修正:動物行動学に基づいて生活環境を整えることで、動物が過ごしやすい環境を提供すること。

2,行動修正:トレーニングなどを通じて、ストレスとなっている刺激や状況に対して、過度な緊張・興奮を取り除き、不安・恐怖を緩和させること。

3,薬物療法:向精神薬や漢方薬を使って、衝動性や不安をやわらげたり、自律神経の働きを整えること。

※治療対象

嘔吐、下痢、痒み等、一般的な治療を行っても、再発をくり返す疾患の精神面のケア

特定の場所をなめ続ける等の行動を伴う皮膚疾患

日常的イベントやストレスに起因する、嘔吐・下痢等の身体異常

日常的イベントやストレスに起因する、行動異常

留守番ができないなどの分離不安

過度に吠える、怖がりなどの症状

尻尾を追う・手足を舐める・毛をかじる・自傷行為などの常同障害

犬の認知症(高齢性認知機能不全)・・・・・etc

ストレスケアの方法としては、主に、環境修正、行動修正、薬物療法の3種類の療法を実施。

愛犬の「分離不安」について

いつでもどこでも飼い主さんの後を付いて歩き、愛情表現をしてくれる犬は、とても愛らしい存在です。

しかし可愛がりすぎると、愛犬は飼い主さんの不在に耐えられず、少しでも姿が見えなくなると大騒ぎをしたり、外出すると大きな声で吠えたり、留守番中に部屋を荒らしたり粗相をしたりする「分離不安」になってしまうかもしれません。

分離不安とはどのような状態なのか、くわしく見ていきましょう。

分離不安の症状とは?

犬の分離不安


飼い主さんと離れて過ごす不安から、精神的・肉体的に不調になり、そのストレスが原因で様々な問題行動を起こしてしまう状態を「分離不安症」や「分離不安障害」と言います。

愛犬に以下のような行動が見られたら、分離不安症かもしれません。

【飼い主さんの不在時】

下痢や嘔吐をする

食欲が低下する

部屋の中を荒らす、物を壊す

トイレ以外の場所で排泄をする

出かけた後でも吠え続ける

自分の足などを噛む(自傷行動)

【飼い主さんの帰宅時・在宅時】

飼い主さんが帰宅すると喜び過ぎておしっこをする

いつも飼い主さんの後をついて歩く

飼い主さんがトイレや風呂などに入るとパニックになる

飼い主さんが外出しようとすると大きな声で吠える

分離不安症になる原因は?

では、なぜ犬は分離不安症になってしまうのでしょうか。

分離不安症は、「飼い主さんが出かけてしまったら、もう帰ってこないのではないか」「留守番中に、何か危険なことが起こるのではないか」という不安な気持ちが原因となっています。

分離不安症になる原因は?

犬がそのような不安を抱くようになった原因として、以下のようなことが考えられます。

生育環境

子犬のときに長時間留守番をした経験がある

遺棄された経験がある

保護施設で育ち、複数の人に世話をされていた

恐怖体験

留守番中に地震や雷、大きな物音などの怖い経験をした

飼い主さんが数日間帰ってこず、空腹感や恐怖感を味わった

生活環境の変化

引っ越し

進学や就職などで家族の状況が変わり、不在がちになった

何らかの事情で他人の家やペットホテルに預けられた

飼い主さんの出産などで家族が増えた

加齢

目が見えない、耳が遠いなどが原因で不安感が強くなった

認知症になった

病気・気質

甲状腺機能低下症、副腎皮質機能亢進症、神経疾患、脳腫瘍などの疾患による痛みがある

胎児のとき、母犬に過度のストレスがかかった

分離不安症を改善するために

分離不安症は、犬の精神的疾患である「不安障害」の一つです。症状がひどいようなら、一度動物病院に相談しましょう。
 

治療には、精神安定剤などによる薬物療法と、問題行動を改善する行動療法を併用することが一般的です。

また、症状が軽い場合は、自宅での対処で改善する場合もあります。

短い時間の「留守番」をさせる

まずは飼い主さんと離れることに慣れさせるため、数十秒~1分程度、ドアを閉めて犬をひとりにさせます。徐々に時間を伸ばし、ひとりで過ごすことに慣れさせましょう。

このときのポイントは、留守番ができたことを褒めないこと。飼い主さんが出かけるのは「当たり前」だと認識させることが大切です。

「留守番」の環境を整える

留守番のときに寂しくならないように、お気に入りのオモチャを用意したり、テレビやラジオをつけておいたりします。

飼い主さんの匂いがついた毛布などを与えるのも良いでしょう。

また、室内を適温に保つことも忘れずに。

在宅中でも、あえて「無視」する

飼い主さんが在宅中に、常に犬を構っている状態が続けば、犬は飼い主さんに依存するようになります。

在宅中でも、意識的に犬と関わらない時間を作り、犬がひとりで過ごすことに慣れさせます。

もし大声で吠えても叱らず、無視して静かになるまで待ちましょう。

また帰宅時に犬が大げさに喜んでいても、無視して普段どおりに接しましょう。

外出するときは、犬に気づかれないように

犬にわかるように外出のしたくをしたり、「これから出かけるよ」と声をかけることは、犬の不安を煽ります。

出かける30分~1時間くらい前からあえて犬と接しないようにし、「気づいたら飼い主さんがいなかった」という状況を作るようにしましょう。

外出するときは、犬に気づかれないように

宮城県仙台市青葉区、ペットサロンfペットケアのご感想紹介です。

●東京都 男性


・犬

「ペットケアの効果です。
僕は愛犬家ですが、犬がとても怖がりで吠えるのです。
ペットの精神安定にも効果があるようです。
愛犬家にはペットケアいいと思います。」


オンライン|ダイエット・身体の悩み・ストレス解消・心の悩み解決
オンラインでダイエット・身体・心(こころ)・恋愛・対人関係・仕事の悩みを解決しながら、ストレス解消や運気まで向上する仙台市青葉区ヒーリングサロンfです。ご自宅で落ち着いてダイエットしたい、身体や心を整えたい方におすすめです。また、様々なお悩みを抱えてる方もお気軽にご相談ください。
トップ
宮城県仙台市青葉区でペットケアを行う、ペットサロンfのサイトをご覧いただきありがとうございます。当サロンではオンライン・リモートで、皆様の大切な愛犬・愛猫・動物が抱えている悩みを改善へと導きます。ご自宅でペットの身体や心を整えたい方におすすめです。
ホーム | サウンドヒーリングシステム
ツイート サウンドヒーリングシステム「Serenite」 ヒーリングサロンfが独自開発したサウンドヒーリングシステム「Serenite」のご紹介です。 Serenite(セレニテ)とは、フランス語で「平穏で純潔」「癒し」

コメント

タイトルとURLをコピーしました